一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

コラム

新しい事をスタートするのに最適な日「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび・いちりゅうまんばいにち)」をご存じでしょうか?
大安と並び、とても縁起の良い吉日であるとされています。
読んで字のごとし「一粒がなん万倍にもなる日」
「手元のちいさな物でも、大きく膨らむ」とされている日です。

ウィキペディアによりますと…

「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。
一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するという。

Wikipediaより

始まりはとても小さなものでも、大きく育って欲しいこと、広く広がって欲しいこと、たくさん増えて欲しいこと、に関する新しいことを始めるのに、最適な日なんですね。

月に4〜7回ありますから、その他の「大安」や「寅の日」「天赦日(てんしゃにち)」などの吉日と重なる多く、その日は一粒万倍日の効果が倍増するとも言われています。

逆に、増えたり大事になって欲しくない事がらは、控えた方が良い日となります。


一粒万倍日に行うと良いとされている事

  • 開業
  • 仕事始め
  • 習い事始める
  • 新事業
  • 投資
  • 口座開設
  • 宝くじの購入
  • 結婚
  • 祝い事
  • 種まき

一粒万倍日には控えた方が良いとされる事

  • 借金
  • 厄介ごとを引き受ける

暦のエネルギーを味方につけて、あなたの開運パワーが引き寄せられますように☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました